1. TOP
  2. 個人輸入ビジネス あなたの利益率がいつまで経っても低い本当の理由

個人輸入ビジネス あなたの利益率がいつまで経っても低い本当の理由

Pocket

こんにちは、妹尾道隆です。

今日はあなたがなんでいつまで経っても

”利益率が低いのか”

ということについて話していきます。

□__あなたも私も稼げない最初の一歩__
_____________________
輸入転売で稼いでやろうって思って輸入転売を

始めたのに、いざ始めてみるとなかななか思う様に

稼げないってことありませんか?
例えばリサーチしてて

「この商品は結構利益が取れそう!」
「よし、まずは行動しないといけないから
勇気を出して仕入れてみよう」
「ここまでリサーチしたんだ、絶対に利益は出るはず」
と思ってリサーチしたいのに、、、、
・出品してみたらいつのまにかライバルが激増
・利益を取れると思っていたらなぜか赤字
・作業量に対して稼げてない
・価格競争に巻き込まれて利益が下がっていく
こんな経験ありませんか?

私も輸入転売で稼ごうと思った時に初めて仕入れをして

販売した時ってこんな感じでした。
”ここまでリサーチ頑張ってんだから絶対利益を出せる”

と思っていたんですが
いざ販売してみるとなんでか全然稼げないんです(^^;
逆に、なんでか半分くらい赤字・・・・

利益が出るのもあるけど、赤字の商品も出てくるから

結局利益出てるか出てないか分からないし

俺何やってんだ?
うーん、頑張ってるはずなのに

なんでこんなに上手くいかないかなぁ。
ていうか輸入ビジネスって本当に稼げるのかよ!
みたいな感じでしたね。(笑)
まぁ今思えばそりゃそうだよねって話なんです。

これって稼げなくて当たり前なんですよ。


□__お客さんには属性があるという事実__
______________________
人って当たり前なんですが100人いれば

100人の価値観が違いますよね。
例えば

あなたがコーヒーを飲むときにどこで飲みますか?

1、ある方は、セブンが安いしおいしいからでしょ!

2、またある方は、何時間いてもいいし
安いからファミレスでしょ!

3、少し高いけど口に入れるものだから
おいしくて品質が良いのはのはタリーズですよ。

4、いえいえ、品質ならスタバが最高。
さらにネットも繋がるしおしゃれだし!
こんな感じでいろいろな考え方に別れますよね。
ここで少し考えてみてください。
あなたが今現在相手にしているお客さん

もしくは、

これから相手にしたいお客さんはどの人ですか?

1,2の方ってどうですか、、、

極端な例ではありますが、

どちらかと言うとそこまでコーヒーにお金を

かけようと思ってる人ではありませんよね。
どちらかと言うと”値段”優先ですよね。
3,4の方はどうでしょう、、、

コーヒーの味をしっかり味わいたいのと

その空間を重視する方ですよね。
その代わり、

その分のお金はしっかりと支払いますよ。
って感じじゃないですか。

分かりやすく2つのパターンに分けて

解説しましたが多くの方が3,4の様な

お客様を相手にビジネスをしていきたいと

思っているのではないでしょうか?
ただ、現実問題として1,2のお客様を

相手にしていますよね?
もしくは、そうせざる負えないと言った方が

正しいかもしれません。
私も昔はそうでした。
それと同時にそれがビジネスだと思っていたんですね。

・他のライバルよりいかに安く販売するか
・いかに多くの量を販売するか

ここに重点を置いて戦っていました。

だって安く販売してあげた方がお客さんも

絶対に喜んでくれるじゃないですか。

喜んでくれると思っていました・・・・
ただし、
それだけがビジネスのやり方ではないんです。
【価格】
を重点において考えた時にそういったお客さんを

相手にしていれば常に価格を

追い求めなくてはいけませんよね。

そんなお客さんはこういった行動をとるはずです。

「え、ヤフオクが最安だと思ったのに
価格.com見たらヤマダが300円も安いじゃん!
だったらこっちで買った方が安いじゃん!」
そして自分も値付けをする際ここでこの値段で販売してある

って事は自分もこの価格まで下げないと売れないよな。
となってしまい価格を追い求めた

”イタチごっこ”

になってしまいます。

こうなってしまうと昔の私の様にライバルとの戦いに

疲弊してしまい最後にはもう輸入ビジネス稼げないよね。

で、

終わってしまいま。
【私たちが本当に相手にすべきお客様】

じゃあ、私たちが相手にすべきお客様を考えた時に

どういったお客様がいいでしょう。





もう先ほども出てきましたが

・値段で物の判断をしない人

・商品の価値にお金を払ってくれる人

・値段ではなく品質を重視する人
こういった方々ですよね。

先ほどの例で言うと3、4の方になります。
こういった方々はまず物の値段ではなくその物の

価値にお金を支払います。
どういった事かと言いますと同じものでも値段って

変わるじゃないですか。
野菜→◯◯県産(作られた方の名前)
パン→天然酵母パン
肉→国産の和牛
家電→メイドインジャパン
街で配られるティッシュ→鼻セレブ

これらは総じて右側の商品の方が高いですよね。

でも品質が良いんだろうってのも分かりますよね。
私たちが相手にするお客様ってのはこういった

お客様を相手にする方がビジネスは稼ぎやすくなります。


□__理想とするビジネス______
___________________
こういったお客様を相手にすればまず価格競争に

足を踏み入れる事はありません。
なぜなら、それはお客様は余計にお金を払ってでも

品質、信頼を重点に置くからです。
という事はそんな商品を扱っていればあなたの所には

自然とそんなお客様が集まって来ますよね。
値段でしか物を判断しないようなお客様よりは

その物の価値にお金を払ってくれるお客様の方が

良くないですか?
それで、あなたがこれからのビジネスにおいて

ライバルと値下げ合戦を繰り広げて

疲弊する必要はないんですよ。
「いや、妹尾さんそれは分かってますよ。」

「分かっててもそれが出来なから今こうやって
値下げ合戦をしてんるんじゃないですか」
こんな思いもあると思います。
でも、私も物販で稼いだのは本当あなたと

同じ初心者の状態からでしたからね。
私がなんでこんなお客様を相手にするようになったか

知ってますか?
自分で思いついた訳じゃないんですよ(^^;;
ただ勉強は好きだったのでなんでもかんでも

読み漁ってたんですね。
その時の最高の一冊の中にこんな本があったんです。
【世界一ズル賢い価格戦略】
http://directlink.jp/tracking/af/1387208/99YDG02L/

こちらです。

この本なんですが、私のビジネスの原点とでも言える

本で私のビジネススタイルを確立してくれた本でもあります。

当然のことなのですが、この本を読んでいなければ

私は今でも価格競争の中で戦っていたと思います。

もし、今のあなたにも

・利益率が低く作業量が多いと感じる
・自分の扱っている商品に自信がある
・実際の価値より安値で販売していると感じる
・少ない取引で大きく稼ぎたい
・安売りでしか戦うことを知らない
・お客さんに翻弄されてしまう
・自分が売りたい値段で売れない
・価格競争が嫌になった
上記の中の1つでも当てはまればこの本は

あなたのビジネスを大きく変革させてくれると思いますよ。