個人輸入ビジネスの転売ブログ その商品を扱う前に立ち止まって!

Pocket

こんにちは、みつおです。

 

ある分野に入り込んでいってしまうとそもそも

その商品を欲しい人自体が少ない商品があります。

 

オークファンでカテゴリーをアンティークにして10年検索にして

 

ルソー

 

こちらのワードで検索頂いた場合

ガラス工芸品がいくつか出てきます。

 

さらに同じ商品も出てきます。

 

同じ商品なのに価格が全然違います。

 

このようにニッチ過ぎる商品を選んでしまうと

オークション形式で出品しても

そもそも欲しい人がいないから値段が

競り合わないということが起こります。

 

値段が高く落札されているのはたまたま

その時に欲しい人が2人いたと考えるべきですね。

 

しかし、こういった商品でもちゃんと利益を出すことが

出来るのです。

 

それは欲しい人に買って貰うということですね。

欲しい方が見つけてくれるまで値下げ交渉ありの出品で

出品しておくんですね。

 

ここで大事なのはすぐには売れないということを分かっておく事です。

そして、価格設定なのですが自分が取りたい分だけの利益を

上乗せしておきます。

 

例えば仕入れが3万なら私は12万の値下げ交渉を組みます。

 

それは例え値下げ交渉で7万を提示されたとしても4万の

利益を取れるからです。

 

そしてお客様は5万も値下げしてくれたと喜んでくれます。

 

 

いつ売れるか解らない商品を在庫として

持っておくのはキャッシュフローの観点でも良くないですよね。

 

だとすれば利益を大きく取りたいですよね。

 

どんなニッチ商品でも欲しい人がいるのは確かです。

 

ただ、その人がまだヤフオクの存在を知らないから

どこかの骨董店を回っています。

 

そこで、ヤフオクにはなんでもあるというのをどこからか

情報をキャッチして調べるんですね。

 

そこで

あった!!

となります。

 

その時にあなたの商品を見て、いてもたっても

いられず即決で購入される場合もありますし

値下げ交渉をしてくるかもしれません。

 

こういった感じで利益を大きく取る事も可能になります。

 

オークファンを見ていれば過去の落札された個数等も

調べる事が出来るのであまり人気のない商品

しかし、ある程度の需要がある商品を探して行くのも

利益の底上げに繋げてくれます。